top TRFレースレポート 2017年2月16日~19日 TITC2017
TAMIYA NEWS LIVE
TRF レースレポート

2017年2月16日~19日 TITC2017

画像

【大会名】 TITC2017(タイ・インターナショナル・ツーリングカー選手権)
【日  程】 2017年2月16~19日
【場所/国】 タイ・バンコク市内 「INFINITY ADDICT CIRCUIT」 
【大会概要】
アジア圏最大のレースTITC2017(タイ・インターナショナル・ツーリングカー選手権)がタイ・バンコクで行われた。コースはスワンナプーム国際空港から北へ約30kmに位置する伝統あるサーキット。6クラス開催で総エントリー数は279名。
・FFクラス
・F1 クラス
・NonBoostクラス
・Tamiya Super GTクラス
・Open Brushlessクラス
・Modifiedクラス
TRFとしては参加されるユーザーサポートをメインとして現地入り。参加される選手へのセッティングアドバイスのため、河野隆之も2クラスに参戦しました。
(参加クラス:Tamiya Super GT,Open Brushless)

Thailand International Touring Car Championship (TITC) 2017
February 16th – 19th, 2017
Infinity Addict Circuit, Bangkok, Thailand

Last month, Thailand played host to TITC 2017. One of the largest R/C events of its kind in Asia,it was held at the impressive Infinity Addict Circuit, conveniently located just 30km from Suvarnabhumi Airport.
279 drivers took part across 6 classes: FF; Formula; Non-Boost; Tamiya Super GT; Open Brushless; and Modified Touring.
Tamiya Racing Factory (TRF) team member Takayuki Kono was in attendance to offer advice and answer questions from Tamiya fans and drivers.
He also found the time to get on the track, joining in the Tamiya Super GT and Open Brushless classes. Reports follow.

【Tamiya Super GTクラス】
タイのローカルレースではTTシリーズ&GTボディを搭載したクラスレースが人気急上昇中と言う事で、TITC2017でも採用され初のビックイベントでの開催となりました。レギュレーションも他のクラスとは違い、誰でも参加しやすいレースにするため1周27秒より速く走ってしまうとラップカウントされない「タイム制限方式」のレギュレーションを採用されていました。河野隆之も現地で急遽完成品のマシンを準備し参戦しましたが、ノーマル車両で走行しても制限タイムを下回ってしまう程。優しい制限タイムに設定されているのが印象的でした。決勝レースでは上位入賞を目指して制限タイムぎりぎりでの走行を試みましたが、速く走り過ぎてしまった周回もあり、結果は8位。こう言ったレースに参戦するのは初めてでしたが、最後まで誰が勝つか分からないとても楽しい雰囲気のレースでした。

Tamiya Super GT Class
This class featured Tamiya TT series chassis and Super-GT car bodies;
its rapidly growing popularity at domestic races in Thailand led to its inclusion here.
Laps under 27 seconds were discounted in order to make the race a challenge to drivers of all levels.
Kono was eager to try his hand at this class, which was a new experience for him. Using an un-tuned machine, in the Finals he nonetheless put in some sub-27 second laps, which while proving his speed had to be discounted and led to a final finishing position of 8th.
This innovative rule gave all drivers a fair chance and led to great excitement on the track with the victor unknown until the last.

【Open Brushlessクラス】
今回タミヤ車でのエントリーが最も多かったクラスに選手へのセッティングアドバイスを行うため、河野隆之も参戦しました。使用した車両はTRF419X。マシンセッティングを行うのはもちろんの事、現地では今後発売予定のパーツなどを搭載して走行。パーツ性能の確認なども行いました。性能テストをして良かったものはタミヤ車での参加選手にもテスト走行を行ってもらい、意見交換を行うなど、今後の製品開発にも役立つ貴重な時間を過ごす事が出来ました。今回の走行で最も効果的だったパーツは5月発売予定の「42310 アルミデフプーリー」。加速性能とコーナースピードの向上にも貢献してくれました。ストッククラスではパワーソースのセッティングが重要でパワーを目一杯引出し、車輌でいかにタイムに繋げるかがキーポイントになりました。参加されたタミヤユーザーの皆さんと一緒にセッティング共有を行ったりする事で河野隆之も3位入賞。参加選手との一体感が強く、非常に楽しい雰囲気でレースを行う事が出来ました。
 参加選手の皆さんと作り上げたセッティングシートも掲載しますので是非皆さんも参考にして頂けたらと思います。
 参加選手の皆さん、レース運営された皆さん、ありがとうございました。

Open Brushless Class
This class featured the most Tamiya car entries,
and Kono himself took part to make sure he was in the best position to advise Tamiya drivers on setup and the like.
His TRF419X machine was fitted with upcoming option parts and provided a great opportunity for him to test them in the heat of action – many were also tested by local Tamiya drivers,their feedback to be added into the mix during further parts development.
Among the success stories were Item 42310 37T Aluminum Differential Pulley,which contributed to significant acceleration and cornering improvements.
Kono achieved a third-place finish in the class, but just as importantly,
he was privileged to have been able to contribute to the amiable atmosphere at this successful event.
Please check out his setting sheet,which is available on this page!

(セッティングシート→こちらをご覧下さい。



画像 アジア圏を中心に世界中から279名のエントリー。 画像 スワンナプーム国際空港から北へ約30kmに位置する伝統ある「INFINITY ADDICT CIRCUIT」 画像 レース直前、グリップ剤を散布するハイグリップコース。

画像 ナイター設備も完備されて、夜間のレースも心配無し。 画像 ピットエリアも十分確保され、セッティングに余念のない参加選手。 画像 厳正にチェックが行われる事前車検。

画像 参加選手とも相談しながらセッティング。 画像 Tamiya Super GTクラスに急拠参加 画像 タミヤユーザー全員集合!!