top News &Topics 第56回 静岡ホビーショーのご案内
TAMIYA NEWS LIVE

第56回 静岡ホビーショーのご案内

・・・・・・・ このページは随時更新されます ・・・・・・・・
NEW!タミヤ 春夏ニューアイテムレポート 2017(YouTube)を公開!(5/13)
NEW!ホビーショー・タミヤブース会場速報を公開!(5/12)
静岡ホビースクエア情報を追加。(5/1)
滝博士と行くタミヤ掛川サーキット RC体験バスツアー情報を追加。(5/1)
自衛隊広報コーナーの内容を追加。16式機動戦闘車が来場!(4/24)

画像

一般公開日は先着1,000名様にプラモデルなどプレゼント(中学生以下対象)

⇒ 【同時開催】タミヤ本社ビルを探検しよう!オープンハウス情報

業者招待日
※一般の方はご入場できません

2017年5月11日(木) 9:30~16:30
2017年5月12日(金) 9:30~16:30

一般公開日 
2017年5月13日(土) 9:00~17:00
2017年5月14日(日) 9:00~16:00

※両日先着1,000名様にプラモデルなどの
プレゼント(中学生以下対象)


会場 ツインメッセ静岡
主催 静岡模型教材協同組合
⇒ 第56回 静岡ホビーショー
公式ホームページ


⇒タミヤ 春夏ニューアイテムレポート 2017 
第56回静岡ホビーショー(YouTube)

タミヤブースから最新情報をお届けします!

話題たっぷり、国内最大規模の模型ホビーイベント「第56回 静岡ホビーショー」。タミヤブースでは夏までに発売される新製品を一挙に展示。今回は各ジャンルで注目の新製品が目白押し!。発売前の新製品を会場でじっくりとご覧いただけます。もちろん、説明スタッフへの質問や要望も大歓迎! その他、様々な製品やグッズが揃った「販売コーナー」でのお買い物も楽しみ。毎年好評の「タミヤオープンハウス」も同時開催です。新緑の静岡でホビー尽くしの2日間、ご家族揃ってお越しください!

⇒ホビーショー・タミヤブースから速報!新製品情報を公開!New(5/12)

47359_thmb
18088_thmb 69914_thmb

タミヤブース・
注目の新製品! ⇒静岡ホビーショー タミヤブースにて発表予定の新製品リスト
画像

1/6 Honda CRF1000L アフリカツイン
世界中で人気を集める新世代アドベンチャーツアラー、Honda CRF1000Lが1/6スケールで登場です。ボリューム感あふれるスタイルを実車そのままに再現し、排気量998ccの水冷4ストローク直列2気筒エンジンも精密にモデル化。複雑なスポークホイールは前後ともスポークとリムをそれぞれ分割した部品構成。塗り分けがしやすく、スケール感の高いスポークの表現を実現しました。★全長390mm。★金属シャフトやビス止めを多用して、確実な組み上がりと強度を確保。★前後サスは可動式。★2種類のマーキング用スライドマークと塗り分け用マスクシール付き。
さらにホビーショー会場タミヤブースでの実車展示も決定!。ぜひ、実車と模型を見比べてください!

画像

1/700 日本海軍駆逐艦 島風
日本海軍の次世代を担う新鋭駆逐艦として1943年に竣工した島風が完全リニューアル。最終時(1944年11月頃)の姿をモデル化しました。高速を追求したスリムな船体は左右分割式、上部甲板も別部品として実感豊かに再現。船体側面の舷外電路や、滑り止めが施された甲板上面のモールドが仕上がりの密度感を高めます。喫水線から下の船体をカットした洋上モデルです。★全長185mm。★島風専用の五連装魚雷発射管や、12.7cm連装砲はポリキャップを使用して旋回可能。★遮風柵が装備された艦橋まわりも精密な仕上がり。★マスト類も繊細に再現。

画像
DCR-01 (デクロス-01) (MAシャーシ)
ミニ四駆PROに新コンセプトのマシン、DCR-01が登場です。ボディはRCバギー「デュアルリッジ」を手がけたやまざきたかゆき氏が担当。未来派ムードたっぷりのボディを3分割構成とし、オープン・クローズのボディ形状が楽しめます。さらにMAシャーシはホワイトカラー。スポークを極限まで細く仕上げた新設計の6本スポークホイールに大径ローハイトタイヤを装着しました。★ボディカラーは深みのあるパールレッド。★別売のボディセットを組み合わせれば手軽にカラーコーディネートが可能。★ステッカーはメタル調の専用タイプ。★ギヤ比は4:1。

画像
トライゲイル ジャパンカップ 2017 (MAシャーシ)
実車感あふれるスタイルが魅力のトライゲイルの特別限定版です。ボディはオレンジカラーのABS樹脂製。JAPAN CUP 2017のロゴを配したメタル調の専用ステッカーも注目です。ダブルシャフトモーターを車体中央に搭載したMAシャーシはブラックカラー。シルバーカラーのAスポークホイールに装着されるホワイトタイヤは、レッドプリント入りのハードローハイトタイプ。★ローラーやリヤスキッドバー、ギヤカバーなどのAパーツはホワイトカラーの低摩擦樹脂製。★リヤスキッドバーやサイドステーも標準装備。★3.5:1の超速ギヤつき。

画像


1/18RC コングヘッド6X6 (G6-01シャーシ)
6輪駆動ならではの高い悪路走破性能とコミカルな仕上がりが走る楽しさを広げるモデルです。スリムな形状ながら強度の高いモノコックフレームを採用し、パワー伝達にギヤを使用。モーターは前軸の後ろに搭載し、ギヤでパワーを前軸と第2軸に伝達。さらに第2軸から第3軸へもギヤでパワーを伝えるギヤトレイン6WD方式。抜群の駆動力を発揮して走らせる場所を選びません。★全長453mm。★アメリカン・トレーラーヘッドをイメージしたボディはポリカーボネート製。★エアクリーナーやマフラーをメッキパーツの別部品としたスケール感の高い仕上がりです。

画像


1/14RC メルセデス・ベンツ アロクス 3363 6X4 クラシックスペース フルオペレーションセット
メルセデス・ベンツの次世代ヘビーデューティートラック「アロクス」がRCで登場です。「バケットティース」と呼ばれる個性的なデザインのフロントグリルをはじめ、迫力あふれるボディを実感たっぷりに再現。金属パーツを多用した車体は強度が高く作りごたえも充分。MFC-03ユニットを搭載して、エンジン音をはじめ各種のサウンドやライト点灯、車体振動も再現しました。★全長529mm。★3速ミッションにより走行中のギヤチェンジが楽しめます。★スティックタイプの4ch送信機や走行用バッテリー・充電器もセット。★トレーラー(別売)の連結も可能。

画像※写真は開発中のイメージです。
製品の仕様とは異なります。


M-07 CONCEPT シャーシキット
前輪駆動ならではの軽快な走行性能を追求し、整備性にもこだわった高性能な新設計Mシャーシです。上下分割のモノコックフレームを採用して高剛性を確保。デフギヤの交換は足まわりの分解箇所を極力少なくし、底面からアクセス可能。足まわりはCVAダンパー装備のダブルウィッシュボーン4輪独立。アームやリンケージをロング化した専用品で、セッティング幅が広いのも特徴。★駆動系はフルベアリング仕様。オイル封入式ギヤデフやユニバーサルシャフト、ハイトルクサーボセイバーなどを標準装備。★225mm、239mmの2種類のホイールベースが選択可能。

《シュピールヴァーレンメッセ》 タミヤ出展 50周年記念展示

毎年ドイツ南部の都市、ニュルンベルクで毎年開催される世界最大の玩具見本市「シュピールヴァーレンメッセ」。この見本市で今年2月、タミヤは出展50周年を迎えました。長い歴史を持つシュピールヴァーレンメッセで50年連続出展のメーカーは日本企業初、全世界でも10社以下という快挙を達成することができました。これを記念してタミヤブースでは様々な特別展示を行います。どうぞご期待ください。
画像 a_twin3シュピールヴァーレンメッセ タミヤ出展50周年記念モデル、Honda CRF1000L アフリカツインの実車展示 画像世界にも数台しかない貴重なF1マシン タミヤショールーム所蔵の タイレルP34シックスホイーラーの実車展示


ホビーショー限定販売商品
画像
ホビーショー会場、タミヤ販売コーナーでは魅力いっぱいの商品を取り揃えております。ぜひお立ち寄りください。タミヤオープンハウス会場内でも販売しています。

※画像は「安倍川もち タミヤパッケージ(2017静岡ホビーショー)」



自衛隊の新たな陸の主役「16式機動戦闘車」が早くも来場します!
画像
協力:自衛隊静岡地方協力本部・陸上自衛隊富士学校・東部方面後方支援隊輸送隊

画像
協力:陸上自衛隊第34普通科連隊

wave
協力:海上自衛隊横須賀地方総監部移動募集支援班
■日時:5月13日(土)・14日(日)
■場所:ツインメッセ静岡 第1小展示場前
陸海空自衛隊が緊密に連携して有事の際は速やかに目的地へと展開する「統合機動防衛力」の実現に向けて開発された自衛隊の「新たな陸の主役」が16式機動戦闘車です。今秋に陸上自衛隊各部隊に配備予定の最新装備品が早くも静岡ホビーショーに来場します!

明治時代より郷土部隊静岡歩兵第三十四聯隊の伝統を受け継ぎ、プライドと精強を誇る第34普通科連隊からは軽装甲機動車と偵察用オートバイが来場します。

■場所:ツインメッセ静岡 第1小展示場
海上自衛隊横須賀地方総監部移動募集支援班の皆様が今年も来場!海上自衛隊艦艇の模型やパネルを展示、また「南極の氷」の実物展示など海上自衛隊の日々の業務を紹介して頂きます。

※都合により展示を変更・中止する場合がございますので、予めご了承ください。


タミヤ オープンハウスを同時開催
画像
※画像は2016年のものです。

■5月13日(土)・14日(日)9:00~16:30
■会場:静岡市駿河区恩田原3-7 タミヤ本社ビル
ホビーショー一般公開日にタミヤ本社を開放。各部署で専門のスタッフが皆さまのご質問にお答えします。木製模型時代からの製品を展示した歴史館や、実車のレーシングマシンが展示されるロビーをはじめ、館内では、工作広場やミニ四駆コースなどのアトラクションコーナーや「シュピールヴァーレンメッセ タミヤ出展50周年記念・特別謝恩セール」も開催。ご家族揃ってぜひ お越しください。⇒オープンハウス詳細情報

滝博士と行くタミヤ掛川サーキット RC体験バスツアー
画像
■5月14日(日)開催。参加無料
世界最大級の全天候型RCサーキットとしてリニューアルオープンした「タミヤ掛川サーキット」を体感できるバスツアーを企画しました。⇒バスツアー詳細情報

静岡ホビースクエアにもお立ち寄りください!
画像


画像

静岡ホビースクエア
JR静岡駅南口の東側より徒歩1分。ペデストリアンデッキ(エレベータ付き歩道橋)を上がり、サウスポット2階入り口よりお入りください。※ホビーショー開催期間中は営業時間を延長しています。
■5月11日(木)・12日(金)・13日(土)10:00~21:00
5月14日(日)10:00~19:00

期間中はイベントも開催
■5月11日(木)~5月14日(日)
エアロベース 岩見慎一 個展「プラモデルのプロになる方法」(入場無料)
■5月13日(土)
「大人限定ミニ四駆ナイトレース」(参加受付終了・見学歓迎)
■5月13日(土)・14日(日)
「3Dプリンターで『マイミニ四駆』をつくろう!親子工作体験教室」



■イベントの模様は静止画、動画などで撮影され、印刷物やホームページなど、タミヤが関係する各メディアで公開されることがあります。 ご了承の上、ご参加ください。■主催者は事故防止に最善の注意をはらいますが、事故・盗難・怪我などの損害が生じた場合の責任は負いかねます。 ■会場内での飲酒はご遠慮ください。また他のお客様の迷惑となる行為をされた方や、スタッフの指示に従っていただけない方は、退場していただく場合もございます。あらかじめご了承ください。