top News &Topics 熱い夏がやってくる! ミニ四駆ジャパンカップ2013
TAMIYA NEWS LIVE

熱い夏がやってくる! ミニ四駆ジャパンカップ2013


※このイベントは終了しました。



a ミニ四駆REVシリーズ・エアロ アバンテの発売、ミニ四駆全日本選手権「ジャパンカップ」の13年ぶりの復活開催など、様々な30周年記念企画が大きな話題となりミニ四駆人気が再燃した 昨年2012年。「ジャパンカップ2012」は約1万人もの参加者数を記録しました。そして2013年、ミニ四駆レーサーからの多数のリクエストの声にお応えし「ジャパンカップ2013」を開催致します! 開催クラスは「オープンクラス(年齢制限なし)」と「ジュニアクラス(中学生以下のみ)」の2クラス。 各大会の優勝選手はエリア代表選手として東京・MEGA WEBで行われる「チャンピオン決定戦」にご招待致します。ミニ四駆・全日本チャンピオン目指して、ぜひご参加ください。
シード代表決定戦 | 開催会場と日程 | サーキットについて | YouTube / Ustream | ジャパンカップの歴史

b2_2

優勝に近づくチャンス!ミニ四駆ステーションに行こう!
6月1日からは全国のミニ四駆ステーションで「ジャパンカップ2013・シード代表決定戦」を開催。店頭で行われるこの大会で優勝すると、ジャパンカップに二次予選から出場できるシード権のほか、景品などの特典もあります。オープンクラスとジュニアクラスの2クラスを開催。お近くの開催店舗をチェックしてぜひ参加しよう!

c

[ 名称 ]
富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2013
[ 開催クラス ] オープンクラス(年齢制限なし)、ジュニアクラス(中学生以下のみ)
[ 参加方法 ] 当日受付・参加無料 (ただし定員に達し次第締め切る場合あり)
[ 使用可能電池 ] タミヤの単3形電池、または富士通乾電池(FDK)のアルカリ電池が使用できます。
[ コースレイアウト ] ⇒ミニ四駆ジャパンカップ2013 “スーパークライムサーキット2013”
[ 優勝特典 ]
各クラス優勝者は10月27日に開催される「チャンピオン決定戦」にご招待します。
年末に開催予定の「年間チャンピオン戦」の出場権も進呈。

日本全国15会場を巡回だ!
[ 日程 ]
6月23日(日) 東京大会1 品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区) ⇒イベントレポート
6月30日(日) 大阪大会1 京セラドーム大阪・9階スカイホール Cブロック(大阪市西区)⇒イベントレポート
7月7日(日) 広島大会 広島マリーナホップ・イベントスペース(広島市西区) ⇒イベントレポート
7月14日(日) 群馬大会 ニューサンピア・多目的アリーナ(群馬県高崎市) ⇒イベントレポート
7月20日(土) 静岡大会 島田市総合スポーツセンター ローズアリーナ・メインアリーナ ⇒イベントレポート
8月4日(日) 北海道大会 新千歳空港ターミナルビル・イベントホール翔(北海道千歳市) ⇒イベントレポート
8月11日(日) 仙台大会 サンフェスタ ・1Fイベントホール(仙台市若林区)⇒イベントレポート
8月18日(日) 愛知大会 愛・地球博記念公園 地球市民交流センター(愛知県長久手市)⇒イベントレポート
8月25日(日) 東京大会2 品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区)⇒イベントレポート
9月16日(月祝) 東京ホビーショー大会 東京ビッグサイト西展示棟 屋上展示場(東京都江東区)(台風接近のため中止)
9月22日(日) 岡山大会 岡山おもちゃ王国(岡山県玉野市)⇒イベントレポート
9月29日(日) 福岡大会 かしいかえん シルバニアガーデン・大テント(福岡市東区)⇒イベントレポート
10月6日(日) 大阪大会2 京セラドーム大阪・9階スカイホール Cブロック(大阪市西区)⇒イベントレポート
10月13日(日) 東京大会3 東京ファッションタウンビル TFTホール(東京都江東区)⇒イベントレポート
10月27日(日) 東京大会4 MEGA WEB(東京都江東区) ※チャンピオン決定戦同時開催

※ 全会場雨天決行(東京ホビーショー大会は除く)

ミニ四駆ジャパンカップ2013公式コース “スーパークライムサーキット2013”

d

スピードと安定性のマシンバランスが勝負を決める!
さぁ、これが戦いの舞台となる“スーパークライムサーキット2013”だ。上下左右にマシンが揺さぶられる全長213mのテクニカルコース。スタート直後に待ち受ける“逆バンク”、山のようにそびえる“スーパーデルタバンク”、さらに“ウェーブセクションver.2”と新たなセクションが3つ登場するぞ。マシンの速さだけではなく、安定性を備えたセッティングが攻略のポイントとなるのだ。それぞれのセクションを紹介するからマシンセッティングの参考にしよう。さぁ、ジャパンカップの栄冠をつかむのはキミだ!
※天候等によってはコースレイアウトが変更される場合があります。

e

逆バンク
コーナーの外側が内側よりも低くマシンが傾いたままコーナーリングするため、ハイスピードで突入するとコースアウトする確率が高いバンクセクションだ。バンク手前も下り坂になっていて突入前にマシンスピードがアップするので、スムーズにクリアするにはスピード調整が必要だ。

ウォッシュボードストレート
ミニ四駆スプリンググランプリ2013から登場し、高さ6mmと11mmの小ジャンプが2個設置されたストレートセクション。見た目は地味だが、マシンの姿勢が微妙に2回くずれるので侮れないぞ。スーパーデルタバンクに突入する前は、マシン姿勢を安定させておくのがベストだ。

スーパーデルタバンク
今回の一番の注目セクションが、サーキットで圧倒的な存在感を誇る“スーパーデルタバンク”。30度の急坂を一気に駆け上がり、マシンのパワーとスピードを奪う難関セクションだ。頂上に到達するまでの間はコースの外側が内側よりも高く、マシンが傾いたまま走行するためバランスを崩しやすい。安定性を重視したローラーセッティングはもちろん、マシンパワーも攻略のポイントだ。

ヘルクライム〜ナイアガラスロープVer.2
昨年のオータムカップ2012から登場し、多くのレーサーが苦しめられたおなじみの急勾配45°の連続セクションが登場。ナイアガラスロープVer.2通過時のマシンのジャンプ姿勢の安定がコースアウトしないための必須条件だ。スーパーデルタバンクの急な下り坂でスピードアップしながらこのセクションに突入するため、
リヤスキッドバー等によるスピード調整が勝敗を決めると言えよう。

ウェーブセクションVer.2

ウェーブセクションがさらにパワーアップした、Ver.2 となって登場!デジタルカーブのようなカクカクした壁面がマシンのスピードを奪う。

芝セクション
グリップしにくい芝セクションが最後に待ち構える。車高を低くしすぎたマシンの場合は、芝生に足を取られて一気に減速する可能性があるので注意しよう。


ミニ四駆ジャパンカップ2013公式コース “スーパークライムサーキット2013” オンボードカメラの映像(YouTube)
上下左右にマシンが揺さぶられながらも、それぞれのセクションをクリヤしていくマシンの映像をセッティングの参考にしよう!


「ジャパンカップ2013開催記念! ミニ四駆特別番組」(Ustream)
MCガッツとミニ四ドクターが、「スーパークライムサーキット2013」の攻略法を伝授?※途中音声に大きなノイズが入る箇所があります。ご注意ください。(2013年6月11日配信)


「優勝決定戦・ジャパンカップ2013東京大会1」(Ustream)
スピードと安定性のマシンバランスが勝負を決める「スーパークライムサーキット2013」を果敢に攻める選手とマシンの熱い走りをご覧ください。

・10:15ごろからオープンクラス優勝決定戦
・17:14ごろからジュニアクラス表彰式
・23:10ごろからオープンクラス表彰式

(2013年6月23日配信)


東京ホビーショー2013 タミヤ ミニ四駆プロモーションビデオ(J-CUP 2013) (YouTube)
東京ホビーショー2013の期間中、ミニ四駆新製品コーナーで放映されたプロモーションビデオです。ジャパンカップ2013の愛知大会と東京大会2の様子が収録されています。


ミニ四駆ジャパンカップとは?
真のミニ四駆レーサーのチャンピオンを決める“ミニ四駆ジャパンカップ”は今までに13回開催され、合計で100万人以上ものミニ四駆レーサーが熱い戦いを繰り広げたビッグイベントだ。昨年2012年にミニ四駆30周年を記念し、13年ぶりに復活開催され大盛況となった。戦いの舞台となる公式サーキットも様々なセクションが登場、ジャパンカップならではのビッグコースで走りごたえも充分。さぁ、皆でレースを楽しもう!
f2

昨年のミニ四駆ジャパンカップ2012を見よう!
ミニ四駆ジャパンカップ2012 イベントページ
ミニ四駆ジャパンカップ2012 チャンピオン決定戦・Ustream 動画