top News &Topics ミニ四駆ジャパンカップ2012 全国12会場で開催!!
TAMIYA NEWS LIVE

ミニ四駆ジャパンカップ2012 全国12会場で開催!!


※イベントは終了しました。

j_cup_2012_4c_
13年ぶりの復活が決定したミニ四駆全日本選手権「ジャパンカップ2012」、全国12会場での開催が決定しました。開催クラスは「オープンクラス(年齢制限なし)」と「ジュニアクラス(中学生以下のみ)」の2クラスが行われ、各大会の優勝選手はエリア代表選手として9月30日に東京・MEGA WEBで行われる「チャンピオン決定戦」にご招待致します。全日本チャンピオン目指してぜひご参加下さい。

画像


13年ぶりの復活が決定したミニ四駆全日本選手権「ジャパンカップ2012」は全国12会場で開催、「オープンクラス(年齢 制限なし)」と「ジュニアクラス(中学生以下のみ)」の2クラスが行われます。各大会の優勝選手はエリア代表選手として「チャンピオン決定戦」にご招待致 します。
チャンピオン決定戦は9月30日(日)、東京・お台場にある「MEGA WEB」内トヨタ シティショウケースにて開催。各エリア代表選手たちの中から、ジャパンカップ・全日本チャンピオンを決定します。当日は代表選手を決定するレースも開催さ れるほか、30周年記念展示や工作教室など関連イベントも同時開催。
また6月1日からは全国のミニ四駆ステーションで「ジャパンカップ2012・シード代表決定戦」も開催。店頭で行われるこの大会で優勝すると、ジャパンカップに二次予選から出場できるシード権が与えられます。こちらもぜひともご参加下さい。
20120129050 20120219_mini4gp_osaka 013
p1060571
[名称] 富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2012
[開催クラス] オープンクラス(年齢制限なし)、ジュニアクラス(中学生以下のみ)
[参加方法] 当日受付・参加無料 (ただし定員に達し次第締め切る場合あり)
[使用可能電池] タミヤの単三形電池、または富士通乾電池のアルカリ電池が使用できます。
[コースレイアウト] ⇒ミニ四駆ジャパンカップ2012 公式コース
[優勝特典] 各クラス優勝者は9月30日に開催される「チャンピオン決定戦」にご招待いたします。

[日程]
7月15日(日) 東京大会1 品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区) ⇒ 開催レポート
7月22日(日) 秋田大会  秋田拠点センター アルヴェ きらめき広場(秋田県秋田市) ⇒ 開催レポート
8月5日(日)  愛知大会  愛・地球博記念公園 地球市民交流センター(愛知県長久手市) ⇒ 開催レポート
8月12日(日) 大阪大会  京セラドーム大阪・9階スカイホール Fブロック(大阪市西区) ⇒ 開催レポート
8月19日(日) 群馬大会  ニューサンピア 多目的アリーナ(群馬県高崎市) ⇒ 開催レポート
8月26日(日) 広島大会  広島駅南口 エールエール地下広場(広島市南区) ⇒ 開催レポート
9月2日(日)  仙台大会  TIC 4Fイベントホール(仙台市青葉区) ⇒ 開催レポート
9月9日(日)  東京大会2 品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区) ⇒ 開催レポート
9月15日(土) 静岡大会  島田市総合スポーツセンター ローズアリーナ サブアリーナ(静岡県島田市)⇒ 開催レポート
9月17日(祝) 福岡大会  かしいかえん シルバニアガーデン 大テント(福岡市東区)⇒ 開催レポート
9月23日(日) 岡山大会  岡山おもちゃ王国(岡山県玉野市) ⇒ 開催レポート
9月30日(日) 東京大会3 MEGA WEB(東京都江東区) ※チャンピオン決定戦同時開催 ⇒ 開催レポート
※ジャパンカップ チャンピオン決定戦ファイナル概要についてはコチラ


※ 全会場雨天決行



【 ミニ四駆ジャパンカップ2012公式コースを紹介!】

corse01

いよいよ開幕が迫った夏のビッグイベント「ミニ四駆ジャパンカップ2012」の公式コースがついに公開!真のミニ四駆日本一を決める真夏の最速バトルの舞台となるのは“ウルトラエアロサーキット2012”。13年ぶりに復活した記念すべき大会にふさわしい、全長209メートルの超ビッグサーキットとなって日本全国を巡回するぞ。数々の難関セクションが待ち構えるこのサーキットの攻略ポイントは、スタート直後のエアロトンネル2012、そしてバックストレートに山のようにそびえるヘルクライム、クリヤーブリッジ、ナイアガラスロープのビッグスロープセクション。ここをいかにスムーズにクリヤするかがレースの勝敗を分ける。早速、それぞれのセクションを紹介するからマシンセッティングの参考にしてほしい!さぁ、ジャパンカップの栄冠をつかむのはキミだ!

※天候等によってはコースレイアウトが変更される場合があります。


corse02


19961:エアロトンネル2012
スタート直後にいきなり待ち構えるのが、この“エアロトンネル2012”だ!!ストレートでトップスピードに達しようとするマシンに容赦ない強風が襲いかかる!かつてのジャパンカップで登場し、多くの反響を巻き起こした“3連タイフーンドームセクション”(1996年・スーパージャパンカップ/スーパーサイクロンサーキット)を参考に、より強力にアップデートした新設計の“エアロトンネル2012”が今回のジャパンカップ2012でついにベールをぬぐ!

2:ウェーブセクション
エアロトンネル~180度コーナーを通過したマシンに対して、さらに左右に揺さぶりをかけるウェーブセクション。前後のローラーセッティングを入念に行おう。

3:デジタルカーブ
180度のデジタルカーブでは、マシンがさらに左右に揺さぶられる。コーナーフェンスに接するローラーやスタビポールに強い力が加わるので、走行前にはしっかりとビスを締めて、外れないようにチェックしておこう。

4:スロープセクション
ウェーブセクション、デジタルカーブで左右に揺さぶられたマシンが、このスロープセクションでは縦方向に揺さぶりがかかる。ここでマシンがバランスをくずすと、直後に待ち受ける90度コーナーでコースアウトしてしまう可能性も考えられる。マスダンパー等でしっかりと対策をしよう。

5:バーニングブリッジ
角度30°の急勾配、レーンチェンジセクション。坂の頂点ではマシンがバランスを崩しやすくコースアウトしやすいので注意しよう。

6:ダブル芝セクション
グリップしにくい芝生セクションがダブルで待ち構える。車高を低くしすぎたマシンの場合、芝生に足を取られて一気に減速し、直後のヘルクライムセクションでマシンが上りきれない可能性も考えられる。このセクションの通過の仕方でコース後半の走りが決まる重要なポイントだ。

7:ヘルクライム

存在感抜群の急勾配45°の地獄坂“ヘルクライム”。モーターや電池にかなりの負担がかかる最難関セクションだ。マシンをハイスピードで突入させ、そのままナイアガラスロープまでジャンプで一気に通過するか、はたまた、慎重にクリヤーブリッジを通り確実に通過するか。ここでの戦略がレースの運命を分ける。

8:ナイアガラスロープ
ヘルクライムの急な登りの後は、一気に45°でマシンがかけ下る“ナイアガラスロープ”。ここを下りきると一気にマシンがトップスピードに達するぞ。

9:R2100コーナー
ナイアガラスロープを下ってトップスピードに達したマシンがなめらかな角度のR2100コーナーを通過すると、さらにスピードアップ。ハイスピードのまま90度の最終コーナーに突入するので、ここでも気はぬけない。