top ミニ四駆 イベントインフォメーション
TAMIYA NEWS LIVE
ミニ四駆 イベントインフォメーション

2016年10月の記事一覧

11/20 ミニ四駆ワールドチャレンジ2016

wchare1110 ミニ四駆人気は海外でも沸騰中!!
ワールドチャレンジ参加レーサーはついに100名を突破しそうな勢いです。
一昨年は中国代表、そして昨年は国内代表選手が勝利。今回覇権はどちらの手に渡るか注目です!!

世界一の称号をかけた『ミニ四駆ワールドチャレンジ2016』を20日(日)に開催となります!!

※国内代表選手には別途ご案内を送付いたします。
続きを読む...
 

11/19 ミニ四駆ステーションチャンピオン決定戦2016

staion_champ_logo 今年ミニ四駆ステーションで行われた
・ステーションチャレンジ
Rd.1(319)、Rd.2(336)、Rd.3(309)
にて認定証を獲得した選手が、通常のイベント用5レーンではなく3レーンタイプのコースを舞台に日本一を決定します。

※参加選手の皆さまへご注意(2016.11.16)
※チャンピオン決定戦コースご案内(2016.11.1)
続きを読む...
   

12/4 ミニ四駆グランプリ2016 オータム東京大会

at2016_logo_s

 


2016年最後となるオータム東京大会。
会場は品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデンにて開催となります。


※タイムスケジュールご案内(2016.11.28)

2016年5月より

・下記クラス設定が変更となっております。
オープンクラス…高校生以上、事前申込制
ファミリークラス…中学3年生以下
《重要なお知らせ・12/2》
Android端末での画面表示不具合について
現在、一部のAndroid端末において、アプリ画面の表示に不具合が発生しております。
アプリ画面が正常に表示されない場合には、Google Playで「AndroidシステムのWebView」を更新し、スマホを再起動してからお試しください。

sbc2016 ステップバーニングサーキット2016のご紹介です。
スタートしてフラットな区間を通過した後、初登場となる左回りの45°グライドバンクに突入。 バンクを下ると『Fall in S』。ステップサーキットで登場した「スプリングポップ」同様、アイガースロープを上り、 ストレート、コーナー、ストレート、コーナー、アイガースロープ下りが連続するセクション。ストレート長さの違いがスピードの違いに表れるでしょうか。
その後レーンチェンジはバーニングチェンジャー20でもバーティカルチェンジャーでもなく、ライジングチェンジャー60が登場。
そして最終セクションはジャパンカップチャンピオン決定戦で久しぶりに設置されたデジタルコーナーを 『Digi4 コーナー』として4連続デジタルで再現。マシンスピードに大きく影響する最重要セクションです。
続きを読む...
   
  •  1 
  •  2 


ページ 1 の 2