top ミニ四駆 イベントレポート
TAMIYA NEWS LIVE
ミニ四駆イベントレポート

2016年8月の記事一覧

【レポート】2016年8月28日(日):富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016 東京大会2

画像
■会場:品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区)
今年もミニ四駆日本一を決定する『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016』が全国各地で開催!
第9戦は再び東京に戻って東京大会2。会場は第1戦と同様「品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン」。参加者は合計2,634名でした。
戦いの舞台となる公式サーキットは『ウルトラバーニングサーキット 2016』。激しい高低差が不測の事態を呼ぶ『ジ・アルプス』、約170センチの高さまで駆け上がる『バーティカルチェンジャー』など難セクションが待ち受けます。
悪天候のためサーキット2面を1階イオン脇に設置し、進行スケジュールも事前告知とは若干変更しての開催となりました。参加者の皆さま、ご協力ありがとうございました。
競技では熱いレースが連続、夕刻には無事各クラスのチャンピオンが決定しました。



続きを読む...
 

【レポート】2016年8月21日(日):富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016 福井大会

画像
■会場:福井県産業会館・1号館展示場(福井県福井市)
今年もミニ四駆日本一を決定する『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016』が全国各地で開催!
第8戦となる今回は福井大会。会場は福井市内の多目的総合展示場「福井県産業会館」。参加者は合計1,497名でした。
戦いの舞台となる公式サーキットは『ウルトラバーニングサーキット 2016』。激しい高低差が不測の事態を呼ぶ『ジ・アルプス』、約170センチの高さまで駆け上がる『バーティカルチェンジャー』など難セクションが待ち受けます。
走行中のパーツの脱落で順位を落としてしまうと悔しいものです。車検の列に並ぶ前にもう一度、ローラーなどのビスのしめ込みやタイヤ・ホイールの取付けは万全かどうか確認してみましょう。



続きを読む...
 

【レポート】2016年8月14日(日):富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016 仙台大会

画像
■会場:仙台サンフェスタ・1階イベントホール (仙台市若林区)
今年もミニ四駆日本一を決定する『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016』が全国各地で開催!
8月も半ばにさしかかり、今回は仙台大会。会場は仙台市の産業見本市会館「仙台サンフェスタ」。参加者は合計1,507名でした。
戦いの舞台となる公式サーキットは『ウルトラバーニングサーキット 2016』。激しい高低差が不測の事態を呼ぶ『ジ・アルプス』、約170センチの高さまで駆け上がる『バーティカルチェンジャー』など難セクションが待ち受けます。
『ジ・アルプス』の下り、『アイガーステップ』で転倒するマシンも多く見受けられます。上りの『アイガースロープEvo.』で適切に減速するためのブレーキ、ジャンプ時の姿勢を保つマスダンパー等のセッティングを工夫してみましょう。



続きを読む...
 

【レポート】2016年8月7日(日):富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016 愛媛大会

画像
■会場:テクスポート今治メインホール(愛媛県今治市)
今年もミニ四駆日本一を決定する『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016』が全国各地で開催!
8月はテクスポート今治にて第6戦・愛媛大会からのスタート。参加者は合計1,159名でした。今年も地元グルメの屋台が登場したほか、今治市のお祭り「おんまく」とも時期が重なり、夏休み気分を満喫していただきました。
戦いの舞台となる公式サーキットはジャパンカップ2016共通の『ウルトラバーニングサーキット 2016』。激しい高低差が不測の事態を呼ぶ『ジ・アルプス』、約170センチの高さまで駆け上がる『バーティカルチェンジャー』など難セクションが待ち受けます。ブレーキセッティングなどを工夫して挑みましょう!



続きを読む...