top ミニ四駆 イベントレポート
TAMIYA NEWS LIVE
ミニ四駆イベントレポート

【レポート】2017年7月16日(日):富士通乾電池提供ミニ四駆ジャパンカップ 東京大会2

画像 ■会場品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区)
今年もミニ四駆日本一決定戦、『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2017』が全国各地で開催中!! 第5戦となる今回は品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデンでの東京大会2です。参加者は合計3,117名でした。

●富士通 乾電池提供ミニ四駆ジャパンカップ2017 公式コース『グレートクロスサーキット 2017』(約200m)
「クロスシステム」を取り入れ、走行特性が全く異なる4パターンのレイアウトが可能なサーキットです。東京大会2は「タイプAミラー」が登場!
スタートしてすぐスロープを上り『富士通ポップ』。続いて現れるのは新レーンチェンジの『クライムチェンジャー』を配置。通常とは逆に4台がバンク走行・1台がフラット走行と、これまでとは展開が異なり予断を許しません。続いて『ダブルバウンシングストレート(マルチ)』へ突入。ここも大会によって向きが変わり、4パターンいずれかのレイアウトとなります。その後、新セクション『ルーズロード』。通常よりもコース幅が広く、マシンが左右にぶれやすくなります。『ルーズロード』の通過後、30度バンクアプローチから90度ターン、その後逆向きに180度ターンする複合バンクセクション『Ω(オメガ)バンク』。バンクを駆け降りた後、今年も優勝キャップをサプライする『NEW ERA』の名を冠したNEW ERAターンを通過し無事抜けると1周クリアとなります。

今回はスタート直後に『富士通ポップ』の「Aミラー」レイアウトともあって、速度を抑え気味の堅実な走りが多かったように見受けられました。今後いかにスピードを上げていくかが勝負どころとなりますが、まずはキッチリ走り切れるマシンづくりから。出走前に、ビス等がしっかりしまっているかを確認しましょう。気温が高いとタイヤがゆるみ、脱落する恐れがあります。両面テープで固定しましょう。


続きを読む...

【レポート】2017年7月09日(日):富士通乾電池提供ミニ四駆ジャパンカップ 熊本大会

画像
■会場:グリーンランド・レインボードーム(熊本県荒尾市)
今年もミニ四駆日本一を決める、『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2017』が全国各地で開催中!! 第4戦は九州エリア、「グリーンランド・レインボードーム」での熊本大会です。参加者は合計1,246名でした。

●富士通 乾電池提供ミニ四駆ジャパンカップ2017 公式コース『グレートクロスサーキット 2017』(約200m)
「クロスシステム」を取り入れ、走行特性が全く異なる4パターンのレイアウトが可能なサーキットです。熊本大会は「タイプA」が登場!
スタートしてすぐ現れる新セクション『ルーズロード』。通常よりもコース幅が広く、マシンが左右にぶれやすくなります。続いて現れるのは30度バンクアプローチから90度ターン、その後逆向きに180度ターンする複合バンクセクション『Ω(オメガ)バンク』。バンクを駆け降りた後、今年も優勝キャップをサプライする『NEW ERA』の名を冠したNEW ERAターンを通過、『ダブルバウンシングストレート(マルチ)』へ突入。ここも大会によって向きが変わり、4パターンいずれかのレイアウトとなります。スロープを上り『富士通ポップ』。さらにレーンチェンジも新規の『クライムチェンジャー』を配置。通常とは逆に4台がバンク走行・1台がフラット走行と、これまでとは展開が異なり予断を許しません。ラストターンを無事抜けると1周クリアとなります。

今回もレースはハイスピード戦の様相。会場の床面は若干傾斜していますが、それがスロープの傾きを打ち消して、クリアが容易になったとか(?)。会場の状況を計算してセッティングするのも勝利のカギかもしれません。


続きを読む...

【レポート】2017年7月02日(日):富士通乾電池提供ミニ四駆ジャパンカップ 静岡大会

gazou ■会場:ツインメッセ静岡・南館(静岡市駿河区)
今年もミニ四駆日本一を決める『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2017』が全国各地で開催中!! 第3戦 静岡大会は「ツインメッセ静岡・南館」での開催です。参加者は合計2,611名でした。

●富士通 乾電池提供ミニ四駆ジャパンカップ2017 公式コース『グレートクロスサーキット 2017』(約200m)
「クロスシステム」を取り入れ、走行特性が全く異なる4パターンのレイアウトが可能なサーキットです。静岡大会は「タイプBミラー」が登場!
スタートしてすぐ現れる新セクション『ルーズロード』。通常よりもコース幅が広く、マシンが左右にぶれやすくなります。レーンチェンジも新規の『クライムチェンジャー』。通常とは逆に4台がバンク走行・1台がフラット走行と、これまでとは展開が異なります。チェンジャーの後は今年も優勝キャップをサプライする「NEW ERA」の名を冠した『NEW ERAターン』を通過、『ダブルバウンシングストレート(マルチ)』へ突入。ここも大会によって向きが変わり、4パターンいずれかのレイアウトとなります。スロープを上り『富士通ポップ』。その後30度バンクアプローチから90度ターン、その後逆向きに180度ターンする複合バンクセクション『Ω(オメガ)バンク』。『ラストターン』を無事抜けると1周クリアとなります。

サーキットの分析も進んできたのか、今回はハイスピードレースの傾向が見られました。これからシーズンが進み走りがどのように熟成されていくか楽しみですが、公式大会に慣れてないレーサーはまずは堅実なセッティングで完走を狙ってみましょう。


続きを読む...

【レポート】2017年6月25日(日):富士通乾電池提供ミニ四駆ジャパンカップ 大阪大会1

画像 ■会場:京セラドーム大阪・9階スカイホール(大阪市西区)
今年もミニ四駆日本一決定戦、『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2017』が全国各地で開催中!! 第2戦となる今回は「京セラドーム大阪・9階スカイホール」での大阪大会1です。参加者は合計2,318名でした。

●富士通 乾電池提供ミニ四駆ジャパンカップ2017 公式コース『グレートクロスサーキット 2017』(約200m)
「クロスシステム」を取り入れ、走行特性が全く異なる4パターンのレイアウトが可能なサーキットです。大阪大会1は「タイプA」が登場!
スタートしてすぐ現れる新セクション『ルーズロード』。通常よりもコース幅が広く、マシンが左右にぶれやすくなります。続いて現れるのは30度バンクアプローチから90度ターン、その後逆向きに180度ターンする複合バンクセクション『Ω(オメガ)バンク』。バンクを駆け降りた後、今年も優勝キャップをサプライする『NEW ERA』の名を冠したNEW ERAターンを通過、『ダブルバウンシングストレート(マルチ)』へ突入。ここも大会によって向きが変わり、4パターンいずれかのレイアウトとなります。スロープを上り『富士通ポップ』。さらにレーンチェンジも新規の『クライムチェンジャー』を配置。通常とは逆に4台がバンク走行・1台がフラット走行と、これまでとは展開が異なり予断を許しません。ラストターンを無事抜けると1周クリアとなります。

『Ωバンク』、『ダブルバウンシングストレート(マルチ)』、『富士通ポップ』など激しい上下動に襲われる『グレートクロスサーキット 2017』。まずはマスダンパー等でマシンの跳ね上がりを抑えてみましょう。ブレーキ選択も重要な要素です。


続きを読む...

【レポート】2017年6月18日(日):富士通 乾電池提供 ミニ四駆ジャパンカップ2017 東京大会1

画像
■会場:品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区)
今年もミニ四駆日本一決定戦、『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2017』が全国各地で開催決定!!
開幕戦・東京大会1は品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデンにて開催。当日は3,732名のレーサーが集結し、開会セレモニーも行われましたが、天候悪化のため一次予選終了時点でイベント中止とさせていただきました。

●富士通 乾電池提供ミニ四駆ジャパンカップ2017 公式コース『グレートクロスサーキット 2017』(約200m)
「クロスシステム」を取り入れ、走行特性が一変する4パターンのレイアウト変更が可能なサーキットです。東京大会1は「Aミラー」が登場!
スタートしてすぐ現れる新セクション『ルーズロード』。通常よりもコース幅が広く、マシンが左右にぶれやすくなります。続いて現れるのは30度バンクアプローチから90度ターン、その後逆向きに180度ターンする複合バンクセクション『Ω(オメガ)バンク』。バンクを駆け降りた後、今年も優勝キャップをサプライする『NEW ERA』の名を冠したNEW ERAターンを通過、『ダブルバウンシングストレート(マルチ)』へ突入。ここは大会によって向きが変わり、4パターンいずれかのレイアウトが予想されます。スロープを上り『富士通ポップ』。さらにレーンチェンジも新規の『クライムチェンジャー』を配置。通常とは逆に4台がバンク走行、1台がフラット走行となり、これまでとは異なる展開が予想されます。ラストターンを無事抜けると1周クリアとなります。


続きを読む...
  •  1 
  •  2 
  •  3 
  •  4 
  •  5 
  •  6 
  •  7 
  •  8 
  •  9 
  •  10