top 楽しい工作インフォメーション
TAMIYA NEWS LIVE
たのしい工作インフォメーション

2015年3月の記事一覧

「パペットロボット」の演技に園児も夢中


画像
■青森県の中学校3年生が自作ロボットで寸劇を披露
保育園で自作の「パペットロボット」を使った寸劇を披露したのは八戸市の白山台中学校の3年生。パペットロボットとは技術科の授業で作ったリモコンロボットに、家庭科の授業で作った人形を被せたものです。4chリモコンで演台上を動きまわるだけでなく、人形が左右に揺れたり、口もパクパク動きます。人形劇のシナリオや大道具などのセットも生徒達の手作り。ロボットの動きや園児にもわかるようなセリフを考えることで、表現力や発表力を高めることも目的となっています。今回の寸劇では5人前後のグループごとに「歯みがきの大切さ」や「夜ふかしはダメ」など2~3分の寸劇を園児達に披露しました。複数のロボットを目的通りに動かすには、仲間との連携と、緻密な操縦リハーサルの積み重ねが必要となります。シナリオや絵コンテに沿ってセリフを述べたり、演技を行ったりすることも基本的な制御技術の一種。「ロボットと台本」という斬新な組み合わせに、生徒たちの高い意欲と数多くのくふうが感じられる試みです。
続きを読む...